2010年02月28日

青少年育成センター副所長を逮捕=女子中生にわいせつ容疑、否認−徳島(時事通信)

 中学3年の女子生徒らを夜間、車で連れ回しわいせつ行為をしたとして、徳島県警徳島西署は23日、県青少年健全育成条例違反(夜間外出制限)と強制わいせつの容疑で、同県美馬市青少年育成センター副所長和田敏行容疑者(38)=美馬市脇町拝原=を逮捕した。同署によると、夜間連れ回したことは認めているが、わいせつ行為は「覚えがない」と否認しているという。
 逮捕容疑は、昨年7月7日午前3時ごろ、徳島市のコンビニ店駐車場で、14歳の女子生徒と友人の16歳の無職少女に声をかけて車に乗せ連れ回し、女子生徒にわいせつ行為をした疑い。
 同署によると、和田容疑者は「ドライブしようか」などと誘い、別のコンビニまで30分程度車に乗せた。その間、女子生徒をひざの上に乗せて運転させ、胸などを触ったという。 

【関連ニュース】
愛知県警警部補を逮捕=事件被害者にわいせつ容疑
児童買春で外科医長ら逮捕=「性欲満たすため」
東急電鉄運転士を逮捕=女性触り、現金盗む
元実習助手を児福法違反で逮捕=高校生にみだらな行為
女児をトイレに連れ込み触る=容疑で26歳男逮捕

<長崎知事選大敗>「政治とカネ」影響 閣僚から発言相次ぐ(毎日新聞)
関西ペイント、河盛専務が社長に就任へ(レスポンス)
「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)
<いすゞ>4車種リコール いずれも圧縮天然ガス車(毎日新聞)
変わる百貨店1階にスイーツ売り場 デパイチ登場(産経新聞)
posted by オグラ アツオ at 00:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<もんじゅ>運転再開を容認 原子力安全委(毎日新聞)

 95年のナトリウム漏れ事故以来、停止している高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、内閣府原子力安全委員会は22日、経済産業省原子力安全・保安院の評価を妥当とし、運転再開を容認した。事故後の改造工事など設備面の改善と、運営する日本原子力研究開発機構の管理体制の見直しの両面で、国の再開容認の判断が確定した。

 安全委は容認に当たり、「ナトリウム漏えい信号によって一律に原子炉停止などを行うことは、主要機器への影響を生じることともなる。安全上の重要度に応じて運転手順が見直されるべきだ」などのコメントを付け、長期停止の再発を避ける柔軟な対応を求めた。

 一方、保安院は同日、もんじゅの耐震安全性を認める評価書案を審議会の専門家補助会合に示し了承された。建設時の基準を見直して約1.6倍の地震の揺れを想定、建物や主要機器の耐震性は確保されるとした。

 原子力機構は年度内に14年ぶりの運転再開を目指し、近く同県に了承の申し入れを行う方針。西川一誠知事は耐震性でも国の確認が終わることと、経産、文部科学両相との3者会談を求めており、再開は4月にずれ込む可能性もある。【山田大輔】

【関連ニュース】
もんじゅ:再開を容認 「安全性確認検討会」が評価書了承
もんじゅ:評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT
高速増殖炉「もんじゅ」
もんじゅ:再開容認 保安院「適切に改善」と評価
関西プレスクラブ:原子力研究開発機構・柳沢顧問が講演−−大阪で定例会 /福井

女性のスカート内盗撮=容疑でNHK職員逮捕−警視庁(時事通信)
引っ越しセンターで強盗 ナイフ見せ「マネー、マネー」 大阪(産経新聞)
外国人看護師候補者ら受け入れ施設、3分の1に減少(医療介護CBニュース)
護送中、被疑者自宅に立ち寄り…警官2人処分(読売新聞)
高校無償化、外交は考慮せず=朝鮮学校の扱いで−川端文科相(時事通信)
posted by オグラ アツオ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。