2010年03月19日

<日仏外相会談>イラン核拡散問題で米仏などに理解示す(毎日新聞)

 岡田克也外相は18日夜、フランスのクシュネル外相と東京・麻布台の外務省飯倉公館で会談した。イランの核拡散問題について、岡田氏は「4月から日本は国連安保理議長国として重要な役割を果たす。安保理で(制裁を)決めれば実施をちゅうちょしない」と述べ、イランへの新たな国連制裁を主張する米仏などに理解を示した。

【関連ニュース】
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける
岡田外相:ハイチ訪問へ 3月20日に被災地を視察
普天間:政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ
岡田外相:「時の政権が判断」 米国の核艦船立ち寄り要求
岡田外相:元駐日中国大使の王毅氏と会談 台湾政策で議論

天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
朝鮮学校、無償化検討 個人崇拝の実態無視 教科書で金父子・先軍礼賛(産経新聞)
<傷害容疑>5歳長男の足ライターで焼く 継父逮捕 千葉(毎日新聞)
中大兄皇子と鎌足が出会った「槻の樹の広場」一部か、奈良・飛鳥寺西方遺跡(産経新聞)
<特別交付税>09年度は2.7%増加(毎日新聞)
posted by オグラ アツオ at 18:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は16日午前の閣議で、いったん決定した「生物多様性国家戦略2010」の変更を指示した。佐渡トキ保護センターで国の特別天然記念物のトキがテンに襲われた問題を追記するためで、改正版が同日午後、再び閣議決定された。政権発足半年にあたり「指導性が見えないとおしかりもいただいている」と反省していただけに、さっそく指導力をアピールしたかったようだ。

 国家戦略は動植物や生態系の保全策などを盛り込んでいる。鳩山首相は同日午前、国家戦略を閣議決定した直後に、トキの問題についても触れるように小沢鋭仁環境相に指示。再度閣議決定された国家戦略には、トキなど生息地以外で飼育や繁殖している希少な野生動物の保全について管理態勢の充実などを加えた。

【関連記事】
死んだトキのケージ、すき間だらけだった
トキの死 再生に向けて抜かりなく
襲撃されたトキのケージに大きい網の目が203カ所
佐渡のトキ 擬交尾確認…高まる繁殖への期待
トキ襲ったのは「テン」 監視カメラに残された大きなトキの鳴き声10回
20年後、日本はありますか?

三菱自の虚偽報告事件で逆転有罪確定へ 最高裁が上告棄却決定 (産経新聞)
天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)
<神奈川独自課税>いすゞ自動車が上告 逆転敗訴不服(毎日新聞)
「私を論破してください」進次郎節さく裂(スポーツ報知)
「非核三原則」佐藤元首相が後悔…公開メモ(読売新聞)
posted by オグラ アツオ at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。