2010年01月29日

施政方針演説概要「人間のための経済」へ転換(読売新聞)

 鳩山首相が、通常国会で行う就任後初の施政方針演説の概要が25日、固まった。

 「命を守る」政治を実現する立場から、経済優先の社会構造から「人間のための経済」への転換を図る考えを強調。子ども手当などの家計支援で内需を刺激する一方、環境・エネルギー分野など経済成長が見込まれる分野に重点を置き、景気回復を図る考えを示す。

 「政治とカネ」の問題に関しては、元秘書2人が起訴された首相の資金管理団体の偽装献金事件について国民に改めて陳謝し、政治の信頼回復に全力を挙げる方針を表明する。民主党の小沢幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件には触れない見通しだ。

 外交では、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題について、「5月」中に政府内で移設先を決定し、日米間でも合意をめざす方針を明言する。さらに、日米安全保障条約改定50周年に合わせて日米間で始まった日米同盟「深化」の協議を通じ、安保政策のほか防災、医療、教育、環境問題など幅広い分野で日米間の協力の深化・拡大を図る考えを打ち出す。

 演説の内容は、25日に首相官邸で開かれた与党3党の党首クラスによる基本政策閣僚委員会で大筋了承された。29日に閣議決定する予定だ。

<鳩山首相>参院選後に省庁再編の意向(毎日新聞)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
秋葉原無差別殺傷 あす初公判 責任能力、どう判断(産経新聞)
<脳死臓器移植>国内86例目終了(毎日新聞)
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕−大阪府警(時事通信)
posted by オグラ アツオ at 18:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。